鍼灸施術について

①鍼灸施術について

鍼灸施術は、経穴(ツボ)を用いて、身体に信号を送ることにより

内部環境を調整し、患者さまご自身の治す力をつかって

疾病を改善に向かわせる方法です。

そのため、副作用が少なく、低リスクで身体に優しい施術ですが

鍼(はり)を用いるために、全く無痛というわけではなく

独特の感覚が生じることがあります。

これは、効果を引き出すために必要なものですが、

耐えられない程度であれば遠慮なくお伝えください。

また、お灸はその性質上、水泡になる場合がございます。

②施術後について

施術後に、鍼をうった場所に

皮下出血、発赤、重だるい感覚、などが残る場合があります。

また、お身体全体に

重だるい感じ、強い眠気が生じる場合があります。

これは大体2~3日程度で解消します。

施術の反応であることが多いので、心配には及びませんが

一週間経っても改善しない場合はご相談くださいませ。

治療後の入浴は構いません。

③使用する鍼について

ステンレスの使い捨て鍼を使用しております。

太さは病態や患者さまに応じて様々ですが

通常は髪の毛程度の太さです。

④鍼灸治療の過誤について

鍼灸治療における過誤で代表的なもので、気胸と折鍼があります。

発生率は非常に低いですが、万が一これらの合併症が発生した場合には

直ちに治療を中止し適切な処置を致します。

また、緊張などで過呼吸を引き起こす場合がございますので

強い痛みや恐怖感があるようでしたら、遠慮なくお伝えください。